車が趣味な人にお勧めのガレージ付き注文住宅について

マイカーを所有している人は多いかと思われますが、マイカーを所有する事で駐車スペースが必要になります。マンションなどの集合住宅や賃貸の部屋を借りている場合は敷地内駐車場や近隣エリアにある駐車場を借りるなどが必要になります。一戸建て住宅の場合は駐車スペースを確保出来る土地であれば駐車場料金を支払う事なくマイカー所有が出来るメリットがあります。 また、注文住宅であれば希望の場所にマイカー用のカーポートを設置する事も出来ますし、車が趣味の人などにお勧めのガレージ付き住宅を作る事も出来ます。ガレージは単にマイカーを駐車するだけではなく家とガレージが一体化した構造の駐車スペースで、自由設計が可能になる事からもガレージを設けた家づくりが出来るメリットもあります。

道路との高低差がある土地を購入した時のメリット

注文住宅の家づくりは家を建築するための土地を別に購入しておく必要があります。土地には色々な形がありますし、道路とフラットの場所にある土地もありますし、道路よりも数メートル上に建築物を作る土地がある物件もあります。土地の下は駐車スペースとして利用出来るケースが多くあります。この場合は崖に穴をあけて基礎を作り上げ建物の重さに耐える構造を作り上げる必要がありますが、建物内部から階段でガレージに下りる事が出来る構造を作り出す事も出来ます。 ガレージ付き住宅は車を趣味としている人などにもお勧めの駐車スペースを持つ住宅です。一般的なカーポートの場合は一旦外に出る必要がありますが、ガレージの場合は家の中から駐車スペースに移動出来る構造を作り出せるなどのメリットがあります。

地下室の階段を下りるとそこにはガレージがある家

道路との高低差がある土地の下には所有可能なスペースがあります。一般的には道路から階段を上がらないと家の中に入る事が出来ないので、フラットの土地を求める人からは敬遠されがちです。しかし、車を2台以上所有している人や車が趣味の人にとっては注文住宅でガレージ付きの住宅を作る事が出来る土地として人気を持っています。 部屋の中に地下室に下りる階段があり、その階段を下りて行くと道路と同じ高さに作られたガレージに行く事が出来ます。雨や嵐の時など一般外に出て車の乗り降りが必要ですが、家の下側にガレージを設けておけば悪天候の時でも濡れずに車を利用出来るようになります。家と一体化した駐車スペースを設けておけば大切な愛車も雨風をしのげるなどのメリットもありお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加