コンセプトを決めてガレージ付きの家を注文住宅で

家づくりを行う中で、どのような家を作るのかコンセプトを決める事が大切です。家づくりをする人にはそれぞれのこだわりがあるわけですが、こだわりすべてを取り入れたいと考える人は多いと言えましょう。しかし、家づくりの前提条件には予算がありますので、予算内に収まるようにする必要があります。こだわりの一つがガレージ付きの住宅であれば、こだわりを取り入れた形での注文住宅を作るためには、何を削らなければならないのかを決める必要もあります。 こだわりは多く取り入れると予算オーバーになってしまいますが、優先順位を決めてあげる事でお金を掛けるべき部分と、予算内に収まるために妥協出来る部分を明確に分ける事が出来るようになります。理想はすべてのこだわりを取り入れた家づくりでもコンセプトを明確にしておく事で満足出来る家づくりに繋がります。

どこにお金を使うのかを明確にしておきましょう

注文住宅で家づくりを行う時のポイントの一つに、こだわりたい事への優先順位を考える事があります。これは家づくりのコンセプトにも繋がるもので、家づくりを行う上で重要なポイントになります。自動車を所有している人は多いかと思われますが、家と駐車場を一体化させるガレージ付きの住宅を作りたい時、お金をかけるべき部分はガレージになるわけです。 ガレージは家の中から出入りが出来る、建物の一部として駐車スペースを設けるものです。例えば、道路よりも高い場所に家を建築する土地がある場合、道路の高さ部分にガレージを作る、家の中には階段を設けておいてガレージから階段を上って家の中に入る事が出来る家づくりを行う事も出来ます。また、ガレージを家の内部に設置してガレージへの出入りを行えるような構造にする事も出来ます。

コンセプトは家と駐車スペースが一体になる家

注文住宅の家づくりは施工主の思いを形にする手法、予算内に収まる事が前提条件となりますが、コンセプトをガレージ付きの家と決めた場合には、ガレージにお金をかける事が出来るようになります。ガレージは家の一部として捉える事が出来る駐車スペースです。但し、車を止めるだけではなく、ガレージ内に車やオートバイをメンテナンスするためのスペースを設ける事も出来ます。家と一体になっていると言っても、住居スペースとガレージは独立した構造になっています。雨が降っている時などでも、家の中からガレージに行く事が出来るので濡れずに車を使えるメリットもあります。 ガレージを地下に作るのか、それとも同じ階に作るのかは家を建築する土地の種類により変わります。道路とフラットな位置に建物を建築する場合と道路よりも高低差がある場所に家を建築する場合ではガレージの仕様も変わります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加