ガレージ付き注文住宅を展示場で見る場合のポイント

自動車を所有している人の多くはガレージ付きの住宅を持ちたいと考えるものですが、その住宅のイメージを具体的に持っている人は決して多くはありません。住宅の中に収容するガレージハウスの様なものにするか、住宅の敷地の中にガレージを併設するのかによってもそのイメージは大きく変わるものです。 住宅展示場においては様々なタイプのものが展示されていますが、これらの住宅のメリットとデメリットを十分に確認して選ぶことが必要です。また、税金面でもその形態により大きく変わってしまうことも少なくありません。これらの条件を全て考慮してそのイメージを描くことが大きなポイントで、単にカッコよさやスペースの問題だけで選ぶと大きな課題を残してしまう事にもなりかねないため注意が必要です。

デザインと実用性のバランスを考慮しよう

ガレージ付き住宅は分譲住宅ではまず販売されていないため、注文住宅として建築する場合がほとんどですが、その場合にはデザインと実用性を十分に考慮することが大切です。自分の所有する自動車のサイズを十分に考慮し余裕のあるスペースを確保しないとさまざまな面で不便になるほか、排気ガスなどの問題も生じてしまう為注意が必要です。また、逆にあまり余裕を見過ぎると住宅としてのスペースが影響を受けてしまう為そのバランスについても充分な考慮が必要です。 展示場では実際に自分の車を収容してみることが出来る場合も多いのでこの場合には収容した場合のさまざまなポイントをチェックした上で選ぶことが必要です。また、場合によってはエンジンをかけてみることができる場合もあるので、このような機会を効果的に利用して選ぶことが大切です。

税制の問題も十分に考慮しましょう

注文住宅は一般的に分譲住宅に比べ広い土地を必要とすることも多く、固定資産税なども割高になりがちな傾向が有ります。またガレージ付き住宅を建築した場合にはその構造や大きさ、また棟数などによりその金額が大きく変動することもあるので注意が必要です。住宅の中にガレージを含むガレージハウスの場合には住居の一部とみなされ固定資産税が割安になる物ですが、ガレージに多くのスペースが取られてしまう為実際の居住空間が狭くなるほか、建物の強度についても特殊な構造が必要となる為注意が必要です。 この場合には住宅そのものの価格が大幅に上昇してしまうことも少なくありません。住宅展示場においては固定資産税の相談も受け付けてくれることが多いのでこの機会を効果的に利用することが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加